Oリングメニュー
Oリング材料特性
標準材料
特殊材料
材料の物性と選定
Oリングの物性
Oリングの選定
耐薬品性リスト
高機能Oリング
パーフロシリーズ
パーフロとは
特性一覧
フッ素化合物系ゴム構造
特殊フッ素ゴム耐薬品性
パープロの耐薬品性
耐プラズマ性
含有金属分析
トラブル事例
NEXUSシリーズ
NEXUSとは
製品ラインナップ
耐薬品性一覧
使用温度範囲と耐薬品性
物性一覧
EPシリーズ
EPシリーズとは
規格品サイズリスト
P番 JIS B 2401
G番 JIS B 2401(GS番含)
V番 JIS B 2401
AN6227番
AN6230番
S番
AS568番
JASO F 404番
Ss番
KS番
GM番
VS番
大口径Oリング
送り焼き方式について
送り焼き金型リスト
バックアップリング
 
Oリング専用
お問合せフォーム
 
高機能Oリング モリセイ・パーフロシリーズ >> トラブル事例

パーフロ材によく見られるトラブル事例を以下に示しました。ご使用になられる際の参考にしてください。また、弊社・汎用材のカタログに末尾の『Oリング故障の原因と対策』も参照願います。

○ つぶし過ぎ

つぶし過ぎ
パーフロ材は、高温で使用されることが多く、
体積膨張のため、圧縮率が、
常温のときより大きくなります。
強度は汎用材に劣るため、
過度な圧縮は亀裂の原因となります。
(写真の材質はMP-i)

<対策>
圧縮率の改善

○ 高温

高温
パーフロ材は耐熱性にも優れた材質ですが、
あくまで有機材料ですので、
上限を超えた環境で使用すると変形して
しまいます。(写真は、溝の形に変形した
サンプルの断面、材質:MP-P)

<対策>
耐熱性では1番のMP-300Bへの材質変更

○ 装着時の傷

【傷】
装着時の傷
【破断面】
装着時の傷断面
装着時の僅かな傷が、破断につながります。(傷が破断につながるのは汎用材でも同じですが、強度が劣るパーフロ材では、より細心の注意が必要です。)

○ Oリング以外の使用

Oリング以外の使用
写真は、パーフロOリングを搬送ベルトとして
使用し、破断した断面です。
シール材として最適となるよう、
配合を調整しております。
シール用途以外へのご使用は、
お客様にてご確認いただけますよう
お願いいたします。
(トラブルではありませんが、
参考として掲載しております。)

○ プラズマエッチング環境下の使用

プラズマエッチング環境下の使用
各種合成ゴムの中で、最も耐熱性・耐薬品性に
優れたパーフロ材といえども、
プラズマに直接あたると、
写真のようにエッチングされます。
(トラブルではありませんが、
参考として掲載しております。)
このページのトップへ
ホームページトップへ